南八ヶ岳な生活

Friday, June 16, 2006

■南八ヶ岳な生活(6) ~ほったらかし温泉の御来光

今年のはじめの話になりますが

ここ数年山梨県で評判の温泉「ほったらかし温泉」にいってきました。

(http://www.hottarakashi.com/)

しかも早朝6時です。
(ほったらかし温泉では夜明けの30分前から温泉に入れます。)

この日は雨が降ったあとの翌日で
雲ひとつない晴天に恵まれた日となりました。

温泉に肩までつかりながら夜明けを待ちます。

そして夜明け。

徐々に白んでゆく空。
冬の空気は冷たく澄んで、山々の輪郭はくっきりと
青白い星空を背景に存在を主張し始めます。

なにより正面に見える富士山。
人生最高の温泉でありました。

写真は夜明けの富士6時30分


そして早朝の富士7時20分


ちなみに「ほったらかし温泉」は昨年より急激にマスコミへの紹介が増えたこともあって、
この日温泉で御来光を迎えたのはおよそ20名(男風呂)

馬鹿ばっかだなと思いつつ、
日本に生まれてよかったなと思う瞬間でもありました。

2 Comments:

  • 夜明け三十分前から、湯ゥ入れるたァ、粋な計らいでやすねェ。これッて、お江戸時代風に云やァ、明六ツの時刻ッてへことでやすネ。
    日の出の、今で云う三十二分前を、太陰太陽暦、通称天保暦でハ、明六ツと称しておりやした。その刻限から、江戸の町ァ動きだしたようでやすヨ。やだね、早起きァ。

    By Blogger みの字, at Thursday, June 22, 2006  

  • みの字様、
    なんとも、べらんめいな書き込みありがとうございます。初の書き込み感激です。
    この季節、「一心太助なんかも、おんなじ朝日の中、お江戸の町からふと富士山を見上げたかもしれない。」
    なんて考えるとワクワクしますね。
    またの書き込みを楽しみにしております。
    しかし「ごいんきょ」でも「熊さん」でもなく、『八っつぁん』的?なのが最高です。

    By Blogger ブルーレイコーヒー, at Thursday, June 22, 2006  

Post a Comment

<< Home